2018年3月24日土曜日

「動物はアートだ。」プロジェクト|コトバと絵でえほんをつくろう

去る3/18(日)、動物科学館レクチャールームにて「コトバと絵でえほんをつくろう」を開催しました。

「動物はアートだ。」プロジェクトとして、約二年に渡り、動物ポスターを月替わりで発信してきました。
そのポスターのイラストは画家、北村直登さん(左)によるもの。
そして北村さんのイラストに添えられたキャッチコピーや、コトバ動物園のコトバたちを手掛けてくださったのがコピーライターの岡田賢さん(右)。


今回のイベント「コトバと絵でえほんをつくろう」は、色彩豊かで躍動感あるイラストと、くすりと笑えるチャーミングなキャッチコピーの掛け合いで動物たちの魅力をPRしてきたこのお二人が、来園者の皆さんと絵本を作るというワークショップでした。

絵本づくりの前に少しだけ、動物園ポスターの制作秘話や質問などのお話タイム。
実は動物ポスターに使用するコピー案の最終的な選定は、その担当動物の飼育員さんにお願いしています。
制作のプロではない方だからこそ、意外な案が通るのだと、岡田さん。

他にも、かわいいファンからは「好きな動物は何ですか?」との質問です。


北村さん「最近はワニですね~。」
岡田さん「僕は背が高いのでキリンが気になります。」
そんなお二人がどんな方々なのが、少しだけご紹介。

北村直登さんは福岡県(春日市)出身。
現在は大分市を拠点に活動されています。
独学で絵を描いてこられ、路上で売るなどし腕を磨いてこられたそう。
最近ではドラマ「昼顔」に作品を提供されたりと、今、最も注目される画家のおひとりです。

岡田賢さんは福岡を拠点に活躍されているコピーライター・CMプランナーです。
楽天カード「楽天カードマン」やアミュプラザ博多の「しゃれとんしゅわっ」キャンペーンなど、皆さん記憶に新しいのではないでしょうか。


さて、気になる絵本は、どうやって作ったのかというと…。
あらかじめ岡田さんが用意した文章をこのように引いてもらい、組み合わせて物語を作ります。



なので、どんな言葉の組み合わせになるかは運任せ。
思いもよらぬヘンテコな文章になることも^^


引いたコトバがちぐはぐな時には、会場の皆さんから様々なアイデアが飛び出します。
はじめは遠慮がちだった皆さんですが、誰かがおもしろいことを言うと、その言葉に影響されて、次々とユニークなお話がでてきます。


そして、生み出されるお話を聞きながら、なんと北村さんがその場で絵を描いていきます。
う~ん、プロはすごい!


こんな風に来園者の皆さんとともにライブで絵本を作っていきました。
集まった皆さんの共通点は「動物園好き」。
大人も子どもも関係なく、わいわいとアドリブでストーリーを考え、絵本が出来上がりました。
(内容は絵本になった時のお楽しみです♪)


参加してくださった皆様、ありがとうございました!
完成した絵本は後日、簡易製本して動物園、植物園に展示します。
絵本が仕上がったら、このブログでお知らせしますのでお楽しみに!

***

動物ポスター全種類を植物園の入園口近く「緑の情報館」で展示しています。
北村直登さん描き下ろしの、レッサーパンダとオランウータン、ウンピョウの原画も合わせて展示しています。


もうひとつのイベント「コトバ動物園」も動物園の旧マレーグマ舎にて開催中です。

どちらも3月いっぱいです。
この機会にぜひ、お立ち寄りください!