2017年5月5日金曜日

こどもの日の動物園♪そして立夏

5月5日は「こどもの日」。
今日もお天気に恵まれ,朝から多くのお客さまにご来園いただきました。
ありがとうございました。



福岡市動植物園では,小学生以下の子どもたち先着500名にプレゼントをお渡ししました。




今年も開園前から長い列ができ,30分ほどで引換券の配布が終了しました。
間に合わなかった方、ごめんなさい。


そして,こどもの日ということで、スポットガイドも盛りだくさん!

まずは,マレーグマ。
飼育員が動物ガイドの後にクマたちの大好物、フルーツを与えます。
すでにスタンバイしているのは,オスの「サニー」。
さっきまで,部屋で寝ていたみたいですが,エサのにおいを察知してベストポジションを確保。
さすが食いしん坊サニー、すばやい!


大好物のエサを眼の前にして,待ちきれない様子ですね。
目の前に大好きなリンゴが来ると…


身を乗り出してエサをパクっ!
見事です!
サツマイモ、リンゴ,オレンジをあっという間に完食しました!

オレンジを食べる様子は、フェイスブックやインスタグラムにUPしてますので、そちらをどうぞ!
福岡市動物園フェイスブック
福岡市動物園インスタグラム

続いては,ウンピョウ。
こちらも,動物ガイドとエサやりです。

メスの「イーナ」。
飼育員の姿が見えるとそわそわして可愛いです。



飼育員がお話中も手元にあるお肉にくぎ付け。
「まだかな~。早く~食べたいな~。」そんな心の声が聞こえてきそうです。



「イーナ」のお肉は味見程度。あとは隣の「ジュール」の分でした。
残念な「イーナ」でしたが,この後、「お肉探し」が待っていましたよ。
飼育員が獣舎にセットしたお肉を探してパクリ。
良かったね「イーナ」。

最後はアラビアオリックス。


アラビアオリックスは野生で一度絶滅してしまったことや特徴のあるツノについてのお話がありました。
実際のツノを触ってもらいましたが,皆さん「意外と重たいね」など感想を言われたり,ツノを頭に持ってきて記念写真を撮ってました。


こちらはメスの「ライラ」。


そして,ガイドの途中からオスの「ジョリー」に代わって登場したオスの「サリーム」。
まだ2歳と若いので元気いっぱい。
毛並みもきれいです。
(ちなみに「ライラ」は16歳、「ジョリー」は13歳。)

たくさんの皆さんにご来園いただきました。
ありがとうございました。

今日は二十四節気の「立夏」でもあります。
園内も緑鮮やかな季節になり、とても気持ち良い季節ですね。

こちらは植物園で開催中の「バラ祭」。


だいぶバラの花も咲いてきましたので,ぜひ植物園へも足を伸ばしてくださいね。
→福岡市植物園HP


美しいバラなど植物園の素敵な写真はインスタグラムからもどうぞ♪
→福岡市植物園インスタグラム


ゴールデンウィークも残りわずか。
この機会にぜひ,福岡市動物園へご来園ください。