2017年4月27日木曜日

4月27日は「世界バクの日」でした。

4月27日は「世界バクの日」です。「世界バクの日」は生息地が開発のため減少し、絶滅が危惧されているバクの現状を多くの方に知っていただくために設立されました。



そこで,福岡市動物園では「世界バクの日」にちなみ、マレーバク特別ガイドを開催しました。



まずは,バクについて,飼育員からの説明です。



その後は,参加いただいたお客様の中から,希望者の方にマレーバクのブラッシングを体験してもらいました。
今日は「ユメコ」(メス)がブラッシングされました。
ブラッシングされると気持ち良さそうですね。



「ジュリ」は今日は皆さんにブラッシングしてもらえませんでした。残念,次回ね。

世界的にも,貴重な動物のマレーバクです。
皆さん,福岡市動物園に来園されたときには,ぜひマレーバクも見てくださいね。

2017年4月25日火曜日

一足早いクールビズ?ヒツジの毛刈りをしました♪

今週の休園日に,「ヒツジの毛刈り」をしました。



例年,この時期に動物園のヒツジたちの毛刈りをやっています。
毛刈り前の姿は…


全身暖かそうな毛でおおわれていますね。


でも5月も近づいて,25度を超える夏日のような日もある今日この頃。


というわけでヒツジたちはスタッフより一足早く衣替えです。
すっきりとした姿はこちら。



いかがですか?
ちょっとは涼しくなったかな。

2017年4月19日水曜日

4月19日は飼育の日。特別ガイドを開催しました。

4月19日は、4・19(しいく)の語呂合わせで「飼育の日」です。
1日に10の動物ガイドを行いました。
今日は天気も良く,絶好の動物園日和でした。
そんな今日1日の「飼育の日」ガイドをご紹介します。



この日の最初のガイドはこども動物園のウサギとモルモット。
おいしそうにエサのキャベツを食べています。



おやっ,お隣のヤギたちもガイドが気になる?それともキャベツ?



続いて,大型インコ・オウムです。



新しく園に来たベニコンゴウインコの紹介もありました。
キレイな色で2羽とっても仲良しな雰囲気です。
ぜひ,見に来てくださいね。



グラントシマウマでは,写真を使ったガイドでした。



カンガルーのガイドでは,お隣のエミューとヒクイドリのお話もありました。



ガイドをされるカンガルーたちはこんなのんびりした格好でしたが…



キリンのガイドは人気。多くの皆さんに来ていただきました。



メスの「リンダ」も飼育員からエサをもらってムシャムシャ。



午後のビントロングのガイドにも多くのお客様に来ていただきました。



マレーバクではブラッシング体験。
ブラッシングをされて,気持ち良さそうなバクたちでした。





レッサーパンダはお食事タイムです。
今日はメスの「マリモ」にリンゴのおやつタイムです。
そして,今日は特別にじゃんけんに勝ったお客様にもエサやり体験してもらいました。



アジアゾウの「はな子」です。
みんなの前で,エサを美味しそうに食べていました。



この日の最後のガイドはサル山のニホンザルでした。
ガイドの後にエサやり体験をしました。



昨日もブログで紹介した赤ちゃんサルのお話もありました。



実は,今日も1頭赤ちゃんが生まれて,赤ちゃんは合計3頭になりました。
お母さんに抱っこされたこんなカワイイ姿見れるかも。

平日だったにもかかわらず多くのお客様にご来園いただき,ガイドに参加していただきました。
ありがとうございました。

日曜日や祝日には,動物ガイドを開催していますので,ぜひ飼育員のお話を聞きに来てください。詳細はHPのイベント情報に掲載しています。

2017年4月18日火曜日

サル山のニホンザルに赤ちゃんが生まれています♪

今年もニホンザルに赤ちゃんが生まれました。
4月2日と14日にそれぞれ1頭ずつ2頭の赤ちゃんが生まれています。



これまで,雨が降ったり,お母さんがしっかりと抱っこしていて,なかなか顔のうつった写真が撮れませんでしたが,今日,天気も良かったので,赤ちゃんの写真を撮ってきましたので,お披露目いたします。



こちらは14日に生まれた赤ちゃんみたいですが,横になっているお母さんにしっかりとしがみついて,おっぱいを飲んでいますね。

エサの時間に下まで降りてきたお母さんと赤ちゃんの様子を撮ってみました。






こちらは,2日生まれの赤ちゃんサルのようで,ちょっとしっかりとした感じですね。自分でもエサをとっているようでした。

これからの成長が楽しみです。

まだまだ,体も小さくて,お母さんと一緒に抱っこされて行動していますので,サル山のサルたちの中から親子を見つけるのは,ちょっと時間がかかってしまいますが,カワイイ赤ちゃんザルを見にきてくださいね。

2017年4月17日月曜日

飼育の日に「コトバ動物園」ポストカードをプレゼント

福岡市動物園では,2月11日より「コトバ動物園」を開催しています。
(「コトバ動物園」ってなんね?と思われた方はこちらをご覧ください→こちら

第一弾のテーマはバレンタインに合わせて「恋」


第二弾のテーマは出会いと別れの季節に合わせて「卒業」でした。

こんな風に写真に思いを託して大切な人へエールを送るのもおすすめですよ。


そして第三弾となる今回のテーマは「新生活」!
今回はコトバと福岡市動物園の動物たちがコラボレーションしたポストカードも作成しました♪

動物たちの写真入りで「おコトバ」がさらに味わい深くなっています。
このポストカードを4月19日の飼育の日の特別ガイドにプレゼントします。

ポストカードに登場しているグラントシマウマ,カンガルー,ニホンザルのガイドにて,それぞれ50名様にプレゼント。(希望者多数の場合は抽選になります)

★飼育の日の特別ガイドのスケジュールなどの詳細はこちら★
動物ガイドが盛りだくさん!『飼育の日』

飼育の日は「コトバ動物園」とおコトバポストカード、ダブルで皆さんの新生活を応援します!

進学や就職で頑張っている皆さまを応援する「おコトバ」がご来園をお待ちしていま~す^^



2017年4月16日日曜日

あれから一年「熊本市動植物園からやってきたウンピョウのおはなし」を開催しました。

1年前の4月14日と16日、最も大きい震度7を観測する地震が熊本と大分で発生しました。
その地震から1年、福岡市動物園では獣舎被害のあった熊本市動植物園からウンピョウを受け入れ、飼育しています。

そこで14日と本日16日に特別ガイド「熊本市動植物園からやってきたウンピョウのおはなし」を開催しました。

ウンピョウのオス「ジュール」とメス「イーナ」は熊本地震から約1週間後の4月23日に福岡市動物園へやってきました。
2頭が福岡市動物園に来園した当初の話から、現在の2頭の状況について担当飼育員が話をしました。
来園当初は慣れないのか、動きも少なく慎重な面もありましたが,現在は獣舎をのびやかに動き回っています。
特にエサの時間に飼育員の姿をみると,そわそわと部屋の中を動き回る姿がとても可愛いんです。
まずはオスの「ジュール」に柵越しにお肉を与えます。
ウンピョウという名の通り、動くたびに雲のように見える美しい模様やしっかりとした大きな牙などを見てもらいます。

メスの「イーナ」にはお肉探しをしてもらいました。
一旦部屋に入ってもらって飼育員が木の上や柵など展示室のいたるところにお肉をセットします。
そして再び「イーナ」の登場です。
エサを探すことで,時間をかけてエサを食べるトレーニングにもなります。


「イーナ」が一生懸命お肉を探す可愛らしい姿を見守るお客さんたちから思わず、
「お肉はここ!」「あ~、気づかんかったね~。」など声援が飛び交います。

最後は見かねた飼育員がお肉のありかを教えました♪

こうしたウンピョウの姿に親しんでもらい、熊本市動植物園に帰った後、今度は二頭に会いに、ぜひ熊本市に足を運んでほしい、という担当飼育員の言葉でガイドは終了となりました。

2日間とも多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

熊本市の皆様、これからも2頭を大切に育てていきます。
そして一日でも早く熊本の皆様にも、元気に動きまわる二頭の姿を見ていただきたいと願っております。

2017年4月15日土曜日

「バックヤードからの写真展」入賞作品の発表!(第1位)

4月2日まで開催していた「バックヤードからの写真展」。
飼育員など動物園スタッフが撮影した写真を園内に展示し,来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
あわせて福岡市動物園のSNS(Facebook,Twitter,Google+,Instagram)にも作品をアップし人気投票を実施しました。(SNSは園内展示期間中の”いいね”などの数を集計しました)
※ブログ、SNSでは今も全作品ご覧いただけます。

先日に続いての結果発表、いよいよ第1位の発表です。

第1位は「ごはーん!」

シジュウカラ。撮影は胡内です。

1位はこのシジュウカラです。
保護されたシジュウカラを動物病院のスタッフが撮影しました。
子どもがまさに「ごはーん!」って言っているようで,かわいいですね。
トリ年にふさわしい結果となりました。

皆さん,投票ありがとうございました。
また,来年も開催する予定ですので,楽しみにしておいてくださいね。

2017年4月14日金曜日

「バックヤードからの写真展」入賞作品の発表!(第2位)

4月2日まで開催していた「バックヤードからの写真展」。
飼育員など動物園スタッフが撮影した写真を園内に展示し,来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
あわせて福岡市動物園のSNS(Facebook,Twitter,Google+,Instagram)にも作品をアップし人気投票を実施しました。(SNSは園内展示期間中の”いいね”などの数を集計しました)
※ブログ、SNSでは今も全作品ご覧いただけます。

先日に続いての結果発表。
今回は,第2位の発表です。

第2位「きれいに映ってる?」

レッサーパンダの「マリモ」♀。
撮影は藤野です。

福岡市動物園のアイドル「マリモ」がやはり上位にきました。
今回は花飾りをつけて,まさにアイドル!
願わくば「ノゾム」との間に赤ちゃんができ,二世アイドルとママドルの夢の競演を期待ししたいところです。
(今年の恋の季節がどうだったんでしょうか…。)

そして,明日はいよいよ第1位の発表です。
お楽しみに。

2017年4月13日木曜日

「バックヤードからの写真展」入賞作品の発表!(第3位)

4月2日まで開催していた「バックヤードからの写真展」。
飼育員など動物園スタッフが撮影した写真を園内に展示し,来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
あわせて福岡市動物園のSNS(Facebook,Twitter,Google+,Instagram)にも作品をアップし人気投票を実施しました。(SNSは園内展示期間中の”いいね”などの数を集計しました)
※ブログ、SNSでは今も全作品ご覧いただけます。

先日に続いての結果発表、いよいよベスト3です。

第3位は「寝子」
ベンガルヤマネコの「ベガ」♂。
撮影は石川です。

実は,「ベガ」は体調を崩して病院に入院していましたが,3月29日に腎不全のため死亡しました。
2002年4月28日、当園で生まれ,もうすぐ15歳でした。
そのベガの写真がベスト3に入るなんて言葉になりません。
ベガは福岡市動物園生まれなので,生まれた時から皆さんに可愛がっていただきました。
ありがとうございました。

ベガも、長い間ありがとう。

いよいよ明日は第2位を発表します。
お楽しみに!


2017年4月12日水曜日

「バックヤードからの写真展」入賞作品の発表!(第5位&第4位)

4月2日まで開催していた「バックヤードからの写真展」。
飼育員など動物園スタッフが撮影した写真を園内に展示し,来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
あわせて福岡市動物園のSNS(Facebook,Twitter,Google+,Instagram)にも作品をアップし人気投票を実施しました。(SNSは園内展示期間中の”いいね”などの数を集計しました)
※ブログ、SNSでは今も全作品ご覧いただけます。

参加していただいた方、ありがとうございました!
先日に続いての結果発表、今回は第5位と第4位を紹介します。


第5位は「いとのへや」
コツメカワウソの「いと」♂。撮影は蔵本です。
「いと」は,3月の中旬に響灘緑地(グリーンパーク)(北九州市)へ移動しました。
グリーンパークでも,みんなに可愛がってもらいたいですね。


第4位は「スーパーヤギ戦隊」
ヤギ。撮影は松本です。
見事キレイに並んだ5人(5頭?)。
バッチリ決まったカメラ目線も気になりますね!
SNSではみんなホワイトでは…とのご指摘もありましたが…。

いよいよ明日から上位3作品を発表します。
お楽しみに!