2018年4月19日木曜日

4月19日は飼育の日!動物ガイド盛りだくさんな一日でした♪

4月19日は、4・19(しいく)の語呂合わせで「飼育の日」です。
「飼育の日」は,平成21年に(公社)日本動物園水族館協会が、動物園・水族館に関心を持ってもらうために制定された日です。
というわけで,今日の福岡市動物園でも通常の日曜や祝日よりもたくさんの14か所の動物ガイドを行いました!
今日行われたガイドの様子をちょっとだけご紹介します。

こちらは,ヒョウのガイド。
もうすぐ1歳を迎える「サナ」に大好きな手羽先をプレゼントしました♪

こちらはきれいな縞のグラントシマウマ。
今日は天気もいいので「ミズキ」(メス)も気持ちよさそうですね。
きれいな縞模様も,シマウマの種類により違いがあることや,シマウマは”ウマ”と名前にありますが,馬よりロバに近いというお話がありました。

ニホンザルたちが暮らしているサル山です。

ガイドの前の様子ですが,飼育員の姿を見つけてちょっと何かを期待しているのか集まってきてますね。
ガイドでは,サルたちの期待通り?エサやり体験でお客様からおやつのペレットをプレゼントしてもらいました。サルたちも大喜びでした♪
そして,サル山では今年も3頭の赤ちゃんザルが誕生しています!サル山でお母さんザルのお腹にしがみついている子ザルが今年生まれの赤ちゃんザルなので,ぜひ探してみてくださいね。

マレーグマのガイドでは,飼育員からバナナとリンゴをプレゼント。
もちろん,エサとなると「サニー」(オス)も大喜びで張り切ってましたよ!

オランウータンのガイド。1階のガラスのところで飼育員がガイドをしていると…
今日は,一緒に屋外に出ていたシロテテナガザルの「キナコ」も登場!何をしているのか気になったんでしょうか?それともイタズラしにでもきたのかな?

人気のビルマニシキヘビの園内散歩。ヘビと一緒に気持ちいい園内をお散歩しました。
途中,ヘビも一休み。その時に,みんなもおそるおそる?ヘビにタッチしてました。
皆さんも大喜びの園内散歩でした。

こちらはツキノワグマの「元気」。
飼育員が,説明をしているときに,チラッと美味しそうなエサを見つけると,それにつられて待ちきれないように背伸び♪ちょっと待っててねと言われてましたが,そのあとはちゃんとエサをもらってましたよ。

大人気のアミメキリンたちには、ヤマモモの木をプレゼント。

チンパンジーたちにハチミツのプレゼント。
屋外展示場にあるエサ箱にちょっと薄めてペットボトルに入ったハチミツをセットすると…
さすがチンパンジーたち!自分たちでどこからか木の枝や棒で見つけてきて,エサ箱の穴に通るように形を整えてから穴からチョコチョコ突いて舐めてます。
何回も使って先のほうが使えそうになくなってくると,またどこからか新しい木の枝や棒を見つけてきて,穴をつついていました。

マレーバクのガイド。
ガイドの間、ブラッシングされて、気持ちよさそうにしています。
4月27日(金)には、「世界バクの日」にちなみ、マレーバク特別ガイドを開催しますよ。


ビントロングのガイドにも多くのお客さまに来ていただきました。
ガイドでは,「トロン」(メス)にエサの果物やサツマイモをプレゼント。


今日最後のガイドはヤマアラシ。
こちらは,ヤマアラシの去年生まれた「あまちゃん」(メス)です。
実は,明日20日に宇津宮動物園に嫁入りしていきます。さみしいですが,元気でね!!

今日の飼育の日は,平日だったにもかかわらず多くのお客様にご来園いただき、ガイドに参加していただき、ありがとうございました。

日曜日や祝日には、動物ガイドを開催していますので、ぜひ飼育員のお話を聞きに来てください。詳細はホームページのイベント情報に掲載しています。

2018年4月15日日曜日

4/19(木)は「飼育の日」♪ 動物ガイド盛だくさんな一日です!

福岡市動物園では、毎週日曜日と祝日に「ZOOスポットガイド」というものを開催しています。
飼育員が獣舎の前で、担当動物の生態や園での様子をお話する動物ガイドです。
本日(4/15)のZOOスポットガイドはシマウマとビルマニシキヘビでした♪
朝方は昨日の雨が残っているようなお天気でしたが、次第に晴れて気候も良くなり、シマウマたちもご機嫌♪
当園のシマウマは、グラントシマウマと言い、2011年に来園したオスの「カミリ」と2016年に来園したメスの「ミズキ」の二頭です。
ちなみにミズキは明日がお誕生日♪(上の写真がミズキです。)


この写真↑は2016年11月24日に広島市の安佐動物公園から来園して、まもなくのミズキです。
よく見るとまだ産毛が残っています。
明日で三歳になるミズキも、来園当初はまだ幼さの残るシマウマでした。
今ではカミリとも仲良く過ごしているようですね。

もう一つのガイドは、大人気のビルマニシキヘビ~♪


今日はヘビの機嫌が良かったので、タッチングと記念撮影を行いました。
近くで見るととても大きくて、きれいなヘビです。
お父さんが怖がったり、お子さんが意外と平気だったりと、いつものように大盛況のうちに終わりました♪
参加してくださった皆様、ありがとうございました!

さて、4月19日(木)は、年に一度の「飼育の日」です。
ZOOスポットガイドの拡大版とも言えるこの日は、園内のいたるところで動物ガイドが行われますよ!
なんと今年は14種の動物ガイドを予定しています。

飼育担当者だからこそ知っている動物達の「くせ」や「習慣」など、とっておきの話を披露します!
スケジュールなどの詳細は、こちらをご覧ください。
→福岡市動物園HP『動物ガイドが盛りだくさん!「飼育の日」』


オランウータンのミミがお花を摘む、こんな可愛らしい姿が見られるかも?
(推定46歳のオスですけども、大変可愛らしいのです…。)
皆さま、年に一度の「飼育の日」にぜひ、ご来園くださいませ!


2018年4月14日土曜日

熊本市動植物園からやってきたウンピョウのおはなし

2年前の平成28年4月14日と16日、熊本と大分で震度7を観測する大地震が発生しました。
福岡市動物園では、その時に獣舎被害のあった熊本市動植物園からウンピョウを受け入れ、飼育を継続しています。

そこで本日(4/14)「熊本市動植物園からやってきたウンピョウのおはなし」としてウンピョウの来園当初の様子から近況について、担当飼育員がお話をしました。


ウンピョウのオス「ジュール」とメス「イーナ」は熊本地震から約1週間後の4月23日に福岡市動物園へやってきました。
来園当初は食事の時間以外は隅でじっとしていることがほとんど。

こちらは来園時まもなくのイーナ。飼育員が撮影した写真です。

それから約4か月後のジュール、時間限定で公開開始した当初のものです。

当時、園では獣舎裏に入るのは世話をするベテランの飼育員2人のみと決め、ウンピョウとの信頼関係を築いていきました。
そんな状況だったのが懐かしく思えるほど、今ではすっかり慣れて、獣舎でくつろぐ姿がみられるようになりました。


本日のガイドでも、お肉を手にした飼育員の姿を見ると駆け寄ってくる姿がとても可愛らしいイーナです。


ちなみにオスのジュールはもともとのんびりやさんでしたが、より一層マイペースになったような気がします^^


実は今日、あまり動かない2頭でした…。
というのも獣舎内の、上の写真にあるような丸太を新しくしたのです。
そんな些細な環境の変化にも警戒するようで、ジュールにいたってはお肉を見ても知らんぷり^^
(※写真は丸太を新調する前のものです。)

ウンピョウに限らず、そんなにも警戒心の強い野生動物にとって、地震と移動というストレスはどれほどだったかと、考えさせられるガイドとなりました。


ウンピョウはその名の通り、動くたびに雲のように見える模様や、大きな牙が美しい動物です。
熊本市動植物園に帰った後、今度は二頭に会いに、ぜひ熊本市に足を運んでほしい、という担当飼育員の言葉でガイドは終了となりました。

熊本市動植物園は平成29年2月25日から一部のエリアは部分開園されるなど、復興も着々と進んでいるようです。
スタッフ一同、一日でも早く熊本の皆様にも、元気に動きまわる二頭の姿を見ていただきたいと願っております。

そして、本日はあいにくの天候にもかかわらず、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
ウンピョウは常時、展示公開しています。
ぜひ、2頭に会いに来てください。
(収容時間は天候や体調によりその時々で多少、変わります。)

2018年4月8日日曜日

無料シャトルバス”ZOOバス”に「カワウソ号」が運行中!

今春も運行している無料シャトルバス”ZOOバス”に,先日から水色とピンクの新デザインの3代目ラッピングバスが登場しています。

そして、水色のラッピングバスは…
なんと!内装が!カワイイ「カワウソ号」!

バスに乗ると、こんな風に窓からもひょっこり!
カワウソたちと目が合ってキュンキュンですよ。


福岡市動物園でも人気の「コツメカワウソ」がバス車内の至る所に所狭しと泳ぎ回っています。
一体何匹いるのでしょうか!?

この超レアな車内デザインやイラストは、「カワウソ~なんだ展」でも協力いただいた“こつめってぃ”のイラストレーター鍵条漆(かぎじょううるし)さん。
Twitterで大人気の鍵条さんと今度は当園のコツメカワウソをモチーフに西鉄バスとコラボレーション!!!


西鉄バスとのコラボならではの、つり革などバスの車で遊んでいるカワウソのイラストも楽しいですよ。

ラッピングバスは平日は動物園を通る路線バスとしても走ってますので、ZOOバス以外のときも運が良ければカワウソたちに会えるかも…

カワイすぎる”ZOOバス”に乗って、動物園に遊びにきてくださいねー!

◆無料シャトルバス”ZOOバス”の概要
福岡市動植物園では、周辺の混雑緩和のために平成17年より繁忙期に無料シャトルバス“ZOOバス”を運行しています。この春も3月~5月の日曜日・祝日とゴールデンウィーク(5/3~6)に運行します。地下鉄大濠公園駅前から動植物園(植物園正門)をつなぐルートを約20分で運行しています。

無料シャトルバス”ZOOバス”の運行ダイヤなど詳細はこちら↓
無料シャトルバス”ZOOバス”運行情報

2018年4月6日金曜日

「バックヤードからの写真展」入賞作品の発表!(第1位)

3月18日まで開催していた「バックヤードからの写真展」。
飼育員など動物園スタッフが撮影した写真を園内に展示し、来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
あわせて福岡市動物園のSNS(Facebook、Twitter、Google+、Instagram)にも作品をアップし、人気投票を実施しました。(SNSは園内展示期間中の”いいね”などの数を集計しました。)
※ブログ、SNSでは今も全作品ご覧いただけます。

先日に続いての結果発表、いよいよ第1位の発表です。
***

第1位は「食べれるの?」

ツシマヤマネコの「妃(ひめ)」♀。撮影は永尾です。

投票コメントとして、
「どうか元気で大きくな~れ。」
「雪だるまを見ているのがカワイイです♥」
「対馬の出身ですが、島にいる頃には一度も見れたことはないので一度は見てみたいです。」
などなど、たくさんいただきました。

皆さん、投票ありがとうございました。
また、来年も開催する予定ですので、楽しみにしておいてくださいね。

2018年4月5日木曜日

「バックヤードからの写真展」入賞作品の発表!(第2位)

3月18日まで開催していた「バックヤードからの写真展」。
飼育員など動物園スタッフが撮影した写真を園内に展示し、来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
あわせて福岡市動物園のSNS(Facebook、Twitter、Google+、Instagram)にも作品をアップし、人気投票を実施しました。
(SNSは園内展示期間中の”いいね”などの数を集計しました)
※ブログ、SNSでは今も全作品ご覧いただけます。

先日に続いての結果発表。
今回は第2位の発表です。
***

第2位「ねぼけまなこ」

ヒョウの「サナ」♀。
撮影は中島です。

<来園者からの投票コメント>
「好可愛…。」
「片眼開いてますね!」

そして,明日はいよいよ第1位の発表です。
お楽しみに。

2018年4月4日水曜日

「バックヤードからの写真展」入賞作品の発表!(第3位)

3月18日まで開催していた「バックヤードからの写真展」。
飼育員など動物園スタッフが撮影した写真を園内に展示し、来園者による人気投票を行う毎年恒例のイベント。
あわせて福岡市動物園のSNS(Facebook、Twitter、Google+、Instagram)にも作品をアップし、人気投票を実施しました。
(SNSは園内展示期間中の”いいね”などの数を集計しました)
※ブログ、SNSでは今も全作品ご覧いただけます。

先日に続いての結果発表、いよいよベスト3です。
***

第3位は「どやー!」

レッサーパンダの「ノゾム」♂。
撮影は藤野です。

<来園者からの投票コメント>
「レッサー、大好き」
「おお!!!Σ(゚Д゚)!」

いよいよ明日は第2位を発表します。
お楽しみに!